泌尿器科の求人特集【※おすすめの転職サイトをご紹介】

TOP >> 泌尿器科・人工透析センターの臨床工学技士 >> 泌尿器科の臨床工学技士の年収

泌尿器科の臨床工学技士の年収

泌尿器科で臨床工学技士として働いていく時の年収には注意が必要です。臨床工学技士の年収は非常にばらつきが多く、400万円、500万円ほど年収がある人もいれば、200万円に到達しない人もいることになります。働き方による違いがあり、年収に違いが出てくるのは当然ありますが、正社員であっても、非常に大きな差が出てきてしまうこともあるので、注意が必要と言えるでしょう。

また年収が多くても、残業が非常に多く、休みがほとんどないという場合も多く、数年仕事をして、やめてしまうというケースもあります。臨床工学技士は、専門性が高いということから、仕事量が自然と多くなってしまう傾向にあり、激務になってしまうことが多いと言えます。そのため自分にあった業務量を意識して、職場を探していくことが必要になります。大きな病院であると比較的、年収が大きくなりますが、その代わり休みがほとんどとれないということもあります。逆に、クリニックなどであると、休暇も多く、残業が少ないことも多いです。

ただ、臨床工学技士として働いている人の中には、仕事は年収ではないと考えている人も少なくありません。医療従事者の多くはこのように考えていると言えますが、臨床工学技士の場合、特にその傾向が強いと言えるでしょう。自分自身のスキルアップのため、やりがいのある仕事であるので、年収が多少低くても仕事を続けていく人はいます。自分のモチベーション、目的が大きく影響していくのが臨床工学技士と言えるでしょう。

技士長などの立場になっていくと、また話は変わっていきます。ある程度の役職についていければ、年収の額も期待することができます。ただ、臨床工学技士の人数が少ない場合、役職についていくと、その分業務量が増えたりすることもあり、年収が増えても、身体的な負担が増えていってしまうこともあります。

臨床工学技士は透析というイメージがありますが、決してそのようなことはありません。泌尿器科であっても、透析以外の場面で仕事をすることもあります。逆に透析だけしか経験がないと、臨床工学技士として認められないような側面も出てきています。より多くの勉強をし、多くの場面、装置で活躍できる技士が求められていると言えるでしょう。これからより医療業界は多様性を見せていくことが考えられますが、それに伴って技士のレベルの向上も期待されています。自己研鑽、向上心が大切なポイントとなります。

泌尿器科求人サイト 人気ランキング 〜臨床工学技士編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>泌尿器科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 泌尿器科の求人特集【※おすすめの転職サイトをご紹介】 All Rights Reserved.