泌尿器科の求人特集【※おすすめの転職サイトをご紹介】

TOP >> 泌尿器科・人工透析センターの臨床工学技士 >> 泌尿器科の臨床工学技士の仕事内容

泌尿器科の臨床工学技士の仕事内容

泌尿器科で、臨床工学技士として仕事をしていく場合、透析に大きく関わっていくことが多くあります。また透析以外でも、機器の点検や、操作という面で臨床工学技士の活躍は期待されています。臨床工学技士の仕事としては、臨床現場に実際携わっていくこともあれば、装置や機器の管理をすることもあります。職場によってどちらに比重が置かれていくかは、異なってきますが、多くの場合で、バランスよく関わっていくことが多くなります。というのも、やはり装置に対して詳しい人が現場にいることは他の職種からしてみれば、心強いものであり、確実な医療を提供していくためには必要と考えられています。

泌尿器科でも、基本的に、臨床工学技士の役割が他の診療科目と大きく変わっていくことはありません。手術に関わっていくことも当然あり、泌尿器科と言っても、幅広い装置に関して知識や技術を有しておく必要があります。透析センターだからと言って、透析に関すること血液浄化装置などだけに精通していれば良いということではない点に注意が必要です。臨床工学技士の場合、医療的な知識も当然必要になるので、装置と一般的な医学の両方をしっかり見に付けておくことが大切です。

泌尿器科として臨床工学技士の役目を果たす場合、勤務先としては、泌尿器科を担当している病院や、透析を行なっている病院、または人工透析専門の医療機関などが多くなります。逆に小さい診療所や、クリニックでの就職はそれほど多くはないと言えるでしょう。ただ、現在、一見して小さいクリニックなどでも専門的な機器などを揃えているところも多くなっているので、臨床工学技士が求められることもあります。

装置のメンテナンス、操作ということで、専門的な工具の活用や、装置の現象、状態を正確に把握において適切な判断、知識が必要となります。もとから機械系に対して興味がある人が、資格取得を目指すこともありますが、決して全ての人が、もともと機械系に興味を持っていたということではありません。医療業界の中で活躍する装置や、装置を通してかかわりを得ていきたいと思っている人が資格を取得していくことも多くあります。

臨床工学技士として、技術は当然必要になりますが、やはり医療食として患者に対しての思いやり、医療に対する熱意というのは強く求められます。臨床工学技士としての仕事でこのようなことを意識することができなければ、技術があっても、自分にあった勤務先を見つけることは難しくなってしまうでしょう。

泌尿器科求人サイト 人気ランキング 〜臨床工学技士編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>泌尿器科求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 泌尿器科の求人特集【※おすすめの転職サイトをご紹介】 All Rights Reserved.